スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不調とことば

2011年02月14日 23:31

すこしご無沙汰しています。

三連休はそれなりに調子よくすごせたのですが(月のリズムの座談会、大変興味深くておもしろかったです。また後日でも改めて書きたいです)どうも1月末から不調をひきずっている感じです。

一つの仕事の繁忙期のピークがすぎて、また別の仕事が忙しくなり、残業も多くなっています。
前の内容は主に自分一人でスケジュール管理して進められたのですが、今の仕事は先輩と組んですすめているのでいろいろきをつかって(二人とも男性なんですけど、一人はわりとわがままタイプでもう一人は仕事が少し?アレで妙な自己主張が多くて気遣れするタイプ)なので、気づかれをしています。

一日中パソコンに向かって細かい作業をするので、目と肩に疲労集中。
肉体的疲労が精神的疲労におよび、以前あった前向きな気持ちや、アンテナが鈍ってきている気がします。
ささいなことで気分がめいったり、イライラしてまわりにも迷惑をかけてさらに落ち込むという悪循環です。

これはうつ前の私とおなんじじゃないかー!
基本性格の一つなんですね・汗
せっかくちょっと前進したと思ったのに。。


最近は呼吸と、自分が口にだす言葉を気をつけようと思っています。
深呼吸、深呼吸…。
悪い気をはいて、新しいエネルギーを取り入れるのが呼吸の重要性だとか。

「口に出す言葉が大事」と言われるように、ネガティブな口癖や、仕事以外の自然にやっている自分の口調にもっと意識的になろうとこころがけています。

「そば屋さんで今日は天ぷらうどんを食べるぞ、と思っていても、実際に「鍋焼きうどん」といったら鍋焼きがででてくる。思っていることよりも口に出していることの方が大事」
と日本のお金持ちの一人、斉藤一人さんとゆー人がいっていたそうでなるほどなぁと。
いくら百考えていても、一度に口にだせるほんのわずかの単語だけが相手に届くのだなぁと思うと。
しかもそれをはっきり、明確に、気持ちよく伝えるってこれはなかなかむつかしいなぁ、と。

そんなこんなで、以前から気になっていた『なぜあの人の話し方は「強くて美しい」のか?』という本をブックオフで購入しました。
「私たちの周囲にはたくさんの人がいて、それぞれ勝手なことを言っています。
スーパーでほしくない品物でもたくさん目に入ってくるように、毎日の生活では聴きたくないたくさんの言葉が耳にはいってくるのです。
それらすべてを気にしていたら大変です。聞きたいこと、聞いて役に立つことはこころにいれて、聞きたくないことは聞き流しておきましょう

という文章があってハッとしました。
私は、聞こえてくる言葉を、ほとんど自分の心にいれていました。
職場でも、こころが過敏になっているときなどはちょっとしたことで、「自分のことではないか」となったり、またいらだって過剰に反応していました。
(小さな会社なので、周りの会話に耳をすますことで、全体の雰囲気や流れがわかることもあるので有意義なときもあるのですが)

「相手の言葉を聞き流すことで、人間関係が円滑になることもある。それがコミュニケーションの面白いところ」
なるほど~。

どうもバカ正直というか、なんでも水を飲むみたいに、こころのなかにいれてしまうようです。
ことばをこころにいれて、勝手に傷ついたり、批判したりしてる。
それじゃあ、疲れるわけですよね。

表でみせている顔=言葉と、なかで思っているこころが、一致しないみたいなのがどうもなんというか、好きじゃないんです。
こどもみたいで恥ずかしいですけど・笑
特に信頼する人とは腹蔵なく話したい、いつでも「素」の間柄でいたい、という理想が根底にあるようです。
でもそれだけじゃだめなんだな~。
なんか誠実じゃない気がするけど、でもなんでもこころにいれてイライラされるくらいなら、むこうだって聞き流されて人間関係スムーズに行く方が結果論的にはいいですよね。

そういえば職場のすてきな先輩も、結構話し聞いてないときあるし・爆
聞き流す技術、じゃないけど、聞こえてくる音/言葉をこころを選択する工夫みたいなのがいるんだなぁ。

同じ本から、「うまく聞き流すコツ」として、
「それは聞きたくない言葉について、自分の意見を主張したり、反論するのをさけることです。「私は」で答えないことです」


誠実かつ、まわりも自分も不快にしないような人間関係をめざしたい。

ところで、仕事できないクンが、やたらほめてほめて!「みせてあげる」とか、過去の仕事の自慢話攻撃(本人攻撃の自覚ナシ)をしてくるのですが、それにどうしても「すごいね~」って言えないんです。
それだけいってあげればいいのだろうけど(あ、上から目線!)嘘はつけない。。
しかしあれだけ周りの人にスルーされてるのだからいい加減気づいてほしいのだが。


この不調が、まさか1月23日に減薬したのが、原因じゃない、と思いたい!
どこかで減薬するのだし、ここを乗り越えたい。


ゼイタクな話なだけれども、仕事内容がマンネリな気もあってさらに落ち込み気味かもしれません(基本作業部分は多い)。
でももとから、工場バイトの次のリハビリステップというスタンスから探したから、当初はそのマンネリ感がリハビリにぴったりだったんです。
私に意欲がでてきたのかな。


七十二候は、黄鶯睍(うぐいすなく)を過ぎて、魚上氷(うおこおりをいずる)にはいりました。
こないだ糺の森でうぐいす?あるいはメジロを見ました。
雪がまたふって寒いですが、確実に春は近づいている気がします。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。