スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おつかれさまでした。」

2008年12月31日 12:27

謎の年末連続更新。
帰省するところもないし、テレビは普段からまったく観ない人(今年10回みたかどうか怪しい^^;)なもんで、年末らしさもあんまり感じないのですね。

思えばもう一年かぁ、と。
今年はほぼ家にいたこともあって、ゆっくりだったような早かったような変な気がします。
がんばった生きたな、と。
そんな時、うつがひどい時に読んで気が楽になった本のことを思い出しました。
「ほめ上手」には福きたる―ほめれば生きる自分も人も (PHP文庫)「ほめ上手」には福きたる―ほめれば生きる自分も人も (PHP文庫)
(2000/05)
坂崎 重盛

商品詳細を見る

「自分のために人をもっとほめよう」とか「ほめ方・しかり方」みたいな本…とはちょっと違います。
この本で深く感じ入ったことは、「子どもの頃は大人の興味を集め、ちょっとしたこと、それこそ立っただけでほめてくれた。けれども大人になったらよほどのことをしないとほめてなどもらえない」
確かにそうですよね。ふつうに(今それすら遠いけど)がんばっていきているだけでは誰もほめてくれない。
だからせめて時々自分くらいは自分をほめてあげたっていいのではないか、と。

とはいえ、自分をほめるのは難しい。真面目な性格の人とか上昇志向の人は、「まだこんなんじゃだめだ」「もっと上へ」ととかく厳しくなりがちでしょう。「なにを甘ったれたことをいってるんだ」とかね…つい思っちゃいます。
あと謙譲の美徳というのもあって「自分をほめる」って照れくさい。恥ずかしい。
私には悩み癖というか、苦悩癖というか「こうだったらどうしよう」「きっとこうだ」「だからだめなんだ」とか悩むことが癖みたいになっています。あらゆることを想定・予防しているのですね。それは自分が傷つかないためのバリアーでもあると思います。
この本ではそれは自分にこだわりすぎていることでもあると言われ、ああそうかもと。
自分自身に拘泥している、囚われているのですね。私は。

もう一回自分をほめてあげてみて、と言われ、
うつになったことのある人に、うつ病になる人は、いつか何かのかたちでなるものだと思う、と言われて。

ああ、私はうつになるくらい、本当にしんどかったのだなと思いました。


私はうつ病になった自分自身が許せなかったのです。

折角がんばって、自分のやりたい職業の、やりたい会社へ転職した後の、たった三ヶ月での発症、離職。
私は自分が許せなかった。
肝心な時に病気になった自分が。

でも、そう思った時、本当にしんどかったのだ、そうまで、心を病んでしまうまで、私のからだもココロもぎりぎりまでがんばってくれたのだ、と初めて自分を許す事ができました。

一年間、よく生きてきたね。

がんばったね。
おつかれさま。
また、来年もよろしくね。


でもやっぱちょっとはずかしい(*´∀`*)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。